奥深きお酢の世界へ

近年は、「お酢ブーム」ともいうべき状況が続いています。

一般的な米酢に加えて、黒酢やキビ酢といったさまざまなお酢が市販され、酢キャベツや酢ショウガ、酢納豆といったお酢のとり方が人気を博しています。
健康のためにお酢をとるのは正解で、体にいいとされる働きも試験で確認されています。

このウェブサイト『お酢ラボ!』では、体と心が喜ぶ“奥深きお酢の世界”を徹底的に掘り下げて紹介しています。最初にこの記事では、お酢の疑問にお答えしています。

お酢のすべてがわかるQ&A

「お酢がダイエットにいい」は本当?

本当です。お酢は、メタボリックシンドローム(代謝症候群、以下メタボ)の予防に役立ちます。メタボは、内臓まわりに脂肪がたっぷりついた内臓肥満に加えて、高血圧や脂質異常症(高脂血症)、高血糖などが組み合わさり、心臓病や脳卒中などを引き起こしやすい状態です。

お酢の主成分「酢酸(さくさん)」は、この内臓脂肪を減らすのに役立つのです。ある食品メーカーは、肥満気味の155人を対象に試験を行いました。グループごとに、量の異なる食酢を続けてとってもらい、定期的にCTスキャンで腹部脂肪の断面積を測定しました。

結果は、1日当たり15mlまたは30mlを12週間摂取したグループの人は、いずれも内臓脂肪が明らかに減少していたそうです。

「お酢が高血圧の改善に役立つ」は本当?

本当です。酢に含まれる「酢酸」が血圧を下げる働きがあるといわれています。また、下記の記事では、高血圧の人を対象とした試験を紹介しています。  

酢酸飲料をとったグループは、2週間ほどで血圧が下がりはじめました。昭和大学元客員教授の中山貞男先生は、次のようにコメントしています。

この試験を含めいくつかの試験では、大さじ1杯(約15ml)の酢で血圧の改善効果が見られていることから、毎日大さじ1杯を目安にとれば、血圧の低下が期待できると私は考えています。

「お酢は体にいい」「健康に役立つ」は本当?

ここまででお分かりの通り、本当です。内臓脂肪や皮下脂肪を減らしたり、高血圧の改善に役立つだけでなく、さまざまな健康への働きが確認されています。

血中のコレステロール値や中性脂肪値、高血糖の改善などによい影響があることが実証済み。胃腸の運動を活発にし、便秘改善にも役立つといいます。お酢の健康への働きは、下記からくわしくご覧ください。

お酢の上手な飲み方、お酢ドリンクの作り方は?

お酢は料理や調味料に使っても良いですが、飲んでも美味しく、また体にもよいはたらきが期待できます。

お酢ラボ!がおすすめする簡単お酢ドリンクは、レモン果汁:リンゴ酢:炭酸を1:1:8の割合で混ぜたお酢ソーダ。ウイスキーを加えたお酢ハイボールもおすすめです。

また、お酢ドリンクのために作られたお酢「デザートビネガー」もおすすめです。果実酢と同じフルーツからとった果汁をブレンドしているのがポイント。お酢ドリンクにはフルーツなどのフレーバーを付けたものもありますが、原料が同じなので本当に自然な味わいです。レモンやブルーベリーの酢は、果汁よりフルーツらしさが引き立てられています。

お酢を手軽にとるコツは?

上記のようなお酢ドリンクは、手軽に飲めるのでおすすめです。また、簡単につくれて、食事においしいアクセントを加えてくれるのが「酢ベジ」です。野菜により作り方が異なり、ピクルスとも少し違います。

お酢ラボ!は、さまざまな酢ベジを紹介していますので、トップページからご覧ください。

お酢を活用した料理のレシピは?

お酢ラボ!では、お酢を活用したレシピも多数紹介しています。また、さまざまな野菜をお酢に漬け込んだ「酢ベジ」を活用した料理も手軽で美味しくいただけます。

お酢のツンとした酸味が苦手な人もいますが、工夫によってまろやかに仕上げることができます。以下に、たくさんのお酢レシピの中から、特におすすめの逸品を紹介します。

お酢の1日の適量は?

昭和大学元客員教授の中山貞男先生は大さじ1杯(約15ml)程度をすすめています。何事も食べすぎは禁物ですが、毎日適量をとる分には問題はありません。

お酢にカロリーはあるのか?

あります。文部科学省の食品成分データベースでは、お酢100gのカロリーが次のように計算されています。

穀物酢…25kcal
米酢…46kcal
リンゴ酢…26kcal
黒酢…54kcal

こうしてみると、お酢の種類によってもバラつきがありますが、大量にとるものではないので(適量は1日大さじ1杯)、さほどカロリーに神経質になる必要はなさそうです。

お酢の原料はなに?

米酢やリンゴ酢、ワインビネガー(ぶどう)と、お酢にもさまざまな種類と原料があります。

お酢はアルコールに酢酸菌を加え、発酵させてつくります。実は、アルコールのできるものなら、なんでもお酢になるのです。レモンやブルーベリー、バナナやハチミツの酢もあります。

黒酢の原料はなに?

米酢やリンゴ酢は、ネーミングから原料がわかりますが、「黒酢」は何から作っているのか? 正解は米です。

アミノ酸が豊富に含まれる玄米や精米度の低いお米が主原料となります。醸造段階でこのアミノ酸が糖と反応して色が変化するため、独特の濃い色のお酢になるのです。

お酢とクエン酸はどう違うのか?

お酢はアルコールに酢酸を加え、発酵させてつくります。お酢の酸味は酢酸であり、ツンとするような独特の感覚があります。一方、柑橘類などの果汁の酸味はクエン酸によるもので、どちらかといえば爽やかな味わいです。

酸味の由来がまったく異なるので、必ずしもお酢とクエン酸は、相性のよいものとは考えられてこなかったようです。しかし、うまく合わせればお酢がフルーツ本来の味わいを引き立てることもあります。

お酢が苦手な人を克服する方法は?

人は苦味や酸味は、本能的に危険なものとして認識します。特に発酵した酸味は腐ったものを連想させるので、苦手な人がいるのは自然です。

同時に、慣れることで好きになる味でもあります。子供のころは苦手だったコーヒーやビールの苦味も、だんだんと好きになっていくのと同じです。まずは少しずつ、お酢に慣れるから始めてください。

お酢の種類はどう選ぶか?

穀物酢、米酢、黒酢、リンゴ酢、ワインビネガーと、お酢にもさまざまな種類があり、味わいも異なります。お酢選びの参考になるのが、香りと味のマトリクス。

料理が得意な人ほど複数のお酢を使うというデータも。最終的には、ブレンドして自分好みのお酢を作るのがおすすめです。

お酢の効果ってなに?

お酢には健康維持に役立つ働きが期待できることは前述のとおり。ここでは、お酢のおいしい効果を紹介します。

1.肉や魚、野菜の臭みを消す。フルーツと合わせると香りが引き立つ

2.食前にとると味覚を繊細にする

3.塩の代替えになる

お料理好きの方には参考になる情報です。

お酢は、食べ物が腐るのを遅らせるって本当?

弱酸性の酢で食品を漬けると、微生物の働きを抑えられます。これによって、食品が長持ちするのです。さらに、サルモネラ菌や黄色ブドウ球菌などのほとんどの食中毒菌に対する抗菌効果も期待できます。

まとめ

このお酢ラボ!で、たくさんのお酢レシピを紹介していますので、ぜひ試してみませんか?そして、レベルアップしたらぜひオリジナルレシピを考えてみてはいかがでしょうか。
あなただけの活用術を見つけたら、SNSなどで奥深きお酢の世界を発信するのもおすすめです。お酢ラボ!では、ツイッター(@お酢ラボ)でもお酢情報を発信中です。

この記事は、医療や健康についての知識を得るためのもので、特定の見解を無理に推奨したり、物品や成分の効果効能を保証したりするものではありません。

写真/©お酢ラボ!

タイトルとURLをコピーしました